画面イメージ
 
mailPodの管理者画面インターフェースのコンセプトは、「メール監査に必要な機能を厳選し、操作はシンプルに!」。
初めての方でも、迷わず簡単に設定が行えるように工夫しました。
アカウントの登録/フィルタリング条件の設定/メールデータベースの検索/モニター情報など、どの画面もマニュアルレスを目指し設計されているので、直感的な操作で各種設定や閲覧が可能です。
 

 
1.「管理者の設定」の画面イメージを見る
2.エンドユーザの設定の画面イメージを見る
3.フィルタリング条件の設定の画面イメージを見る
4.メールDBの検索の画面イメージを見る
5.モニター情報の画面イメージを見る
 
1.管理者の設定
 
送信メールがフィルタリング条件に抵触した際、管理者にアラートメールが発信されます。
この画面では、アラートメールを誰に送るのかを設定します。
通常は、部門長など管理職のメールアドレスを設定するのが妥当でしょう。

 
2.エンドユーザの設定
 
メール監査の対象となる社員のメールアドレスを設定します。
mailPodを導入する初期段階では、全社員のメールアドレスを一括で登録することも可能です。別途お問合せください。

 
3.フィルタリング条件の設定
 
送信メールを監査するためのフィルタリング条件を設定します。
キーワード設定は原則として文字列一致方式です。複数のキーワードをANDやORを使った一連の条件式として入力することも可能です。
また、社内で通常用いる用語において複数の同義語が考えられる場合は、ORでつなげて条件設定するなどの工夫も必要です(例:売上 OR 売り上げ OR セールス OR 販売)。
そして、フィルタリング条件の設定完了後、これらルールに抵触したメールは無条件で管理者のもとへアラートメールが送信されます。
なお、キーワード設定欄については、実際にルール抵触メールの送信をストップしたい場合のみ、「□Blockする」にチェックを入れます。

− 設定済みルール一覧

 
上記は条件式の一例で、先頭は「 (月度 OR 年度 OR 決算 OR 売上) AND (報告 OR 資料 OR レポート) 」と記述されています。
かなり長い条件式ですが、フィルタリング条件式の作成においては、普段社内でどのような言葉が流通し、どの資料の流出を防ぎたいのかを充分考慮して設定する必要があります。

 
4.メールDBの検索
 
検索条件として、まず送信メール/受信メール/送受信メール の3つの中から選択します。
次に、検索項目としてはドメイン/キーワード/日付 の3つから選択可能です(ドメイン名については、1種類である場合はデフォルト表示されます)。
キーワード欄には、単一キーワードだけではなく、ANDやORなど論理演算による検索式も設定可能で、入力書式はフィルタリング条件式設定と同様です。
また、キーワードだけでなく、日付による絞込み検索も可能です。

 
5.モニター情報
 
モニター情報では、アラート検出キーワード(条件式)ランキング/メールの利用者ランキング/メールサーバの使用状況 などの統計情報が閲覧可能です。

Copyright © since 2006 NetSurf. All rights reserved